FC2ブログ

記事一覧

アカショウビン

時期的にちょっと早いかなあ、と思いつつも西へ走りました。開門と同時に入ったものの、写せたのは一羽のアカショウビンを15分ほど。前夜からの宿泊者は、開門前に三度ほど、巣作り中のペアが並んだところを撮影した、といってました。泊まらないといかんかなあ。名物館長曰く「こんな時期に撮影に来るカメラマンにはあきれる。声は聞こえても中々撮影できないよ」と、笑ってました。ということでワンチャンスで撮ったいろいろポーズ。今日もふるさとの森にはアカショウビンやサンコウチョウ、オオルリなどの鳴き声が響き渡っていました。D500+500mmf4×1.7倍テレコン使用

アカショウビン0063

アカショウビン0022

アカショウビン0078


アカショウビン0035
スポンサーサイト



コメント

No title

わあ、アカショウビンさんだ。
宿泊者は撮れるということはどこぞのホテルの敷地内なのでしょうか?

Re: No title

ここは氷ノ山という山のふもとにあり、山の斜面にバンガローが数棟建ってます。他にもキャンプ場やバーベキューができる施設です。ブナの原生林に囲まれてます。アカショウビン狙いのカメラマンだけ”協力金”と称した500円を払うことになってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤いカワセミ

Author:赤いカワセミ
1950年代生まれ。2015年秋、シニアスタッフを途中退職し、野鳥を追いかける日々を楽しんでいます。大阪市内在住
インスタグラムID=kawasemi2242

【使用機材】
Nikon ・D800 ・D500
    ・500mmf4E テレコン1.4 1.7
    ・P900 A900
    ・ED82(フィールドスコープ)

Canon ・7DmarkⅡ
    ・600mmf4 エクステンダー1.4 2.0
TAMRON ・150-600mm

カテゴリ