記事一覧

ハチクマの渡り

今日の渡りポイントは初めての場所。いいところがあると教えられたところだ。結果は大正解。午後に用事があったので、4時間半の滞在。ハチクマが目線より少し上の高さでゆっくり横切ってくれた。今の時期、サシバが多いと思ったが、ここはほとんどハチクマが渡って行った。D500+500mmf4×1.7テレコン使用

こちらを見てます。
ハチクマ0355

ハチクマ0364

ハチクマ0393

鉄仮面をかぶった顔のようです。これではハチのひと刺しも無理そう
ハチクマUP

まだこちらを見てる感じです
ハチクマ0255
ソノウが大きく膨らんでます
ハチクマ0001

ハチクマ0429

ツミ もいました
ツミ0201








スポンサーサイト

コメント

No title

屋外では殆ど小型の猛禽類しか目撃したことがありません。それも十分に長い焦点距離とはいいがたいものだったので、『うん、確かにいるね』程度。証拠写真を撮る気にもなりません。
私の資力と視力と体力との向こうにいる感じです。『う~~ん、待ってろよ』って言っても、無駄ですよね。

而して、ハチクマさんは、まさしく鉄仮面を装着しているかのようなご面相ですね。こういう風に撮れたら、病みつきになることなんでしょうね。

Re: No title

やっぱり近くを飛ぶとドキドキしますね。露出は大丈夫か?ピントは? 撮りこぼしたくないシーンは緊張します。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤いカワセミ

Author:赤いカワセミ
1950年代生まれ。2015年秋、シニアスタッフを途中退職し、野鳥を追いかける日々を楽しんでいます。大阪市内在住

【使用機材】
Nikon ・D800 ・D500
    ・500mmf4E テレコン1.4 1.7
    ・ED82(フィールドスコープ) ・P900
Canon ・7DmarkⅡ
    ・600mmf4 エクステンダー1.4 2.0
SIGMA ・150-500mm

カテゴリ