記事一覧

初めてのミユビシギ

特に目的の鳥はないが、一年に一度は様子を見たくて先日、伊勢湾海岸へ行って来た。到着時はちょうど潮が引き始めたところ。姿を現した砂洲にはシギチがたくさんいた。ひときわ白っぽいシギの集団が目に入った。シギ・チドリにはめっぽう弱い方なので、ミユビシギと教えてもらった時には、何だかちょっとうれしかった。はじめての撮影だが、一番遠かった。オバシギも2羽いたが、逆光気味でよくわからなかった。D500+500mmf4×1.7倍テレコン使用

ミユビシギ
ミユビシギ0481

チュウシャクシギ (右奥はオオソリハシシギ)
チュウシャクスギとオオソリハシシギ0651
オバシギ(手前右の2羽)とミユビシギの集団オバシギ2羽とミユビシギ0010
スポンサーサイト

コメント

No title

ミユビシギは故郷の海岸にもいるようです。もしかしたら、見ていたのかもしれませんが、双眼鏡を持参していたわけでもなく、鳥さんがいるなあ程度の認識でした。実に勿体ない話でした。

やっぱり少し遠い被写体には長いレンズが必要なようですね。腰が痛いうえに、強力な食事制限も始まったので、重いレンズは堪えます。

Re: No title

初めて見ましたが、他の集団と違って白さが際立っていました。これならすぐ判別できそうです。100~400mmではちょっと短いですね。石ころのように動かずじっと待っていると、近くでエサ探しすることもありますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤いカワセミ

Author:赤いカワセミ
1950年代生まれ。2015年秋、シニアスタッフを途中退職し、野鳥を追いかける日々を楽しんでいます。大阪市内在住

【使用機材】
Nikon ・D800 ・D500
    ・500mmf4E テレコン1.4 1.7
    ・ED82(フィールドスコープ) ・P900
Canon ・7DmarkⅡ
    ・600mmf4 エクステンダー1.4 2.0
SIGMA ・150-500mm

カテゴリ