記事一覧

タマシギのペア

今年もタマシギのペアがやって来たようなので、見に行ってきました。畔の中央であまり動かず。一度隣の水田の中央まで入り込んだが、ケリのヒナがいるところだったので、ケリの親鳥から攻撃を受け、飛んで戻りました。交尾シーンも見られました。♀は子供を産むといなくなり、♂が子育てします。その時にまた撮影に来よう。D500+500mmf4×1.7倍テレコン使用
タマシギのペア
タマシギペア0730

タマシギ♂0137

タマシギペア0763
この後、ケリの親鳥から攻撃がありました。
タマシギペア0388
♀の飛翔
タマシギ♀0464
スポンサーサイト

コメント

No title

タマシギもケリも見たことがありません。聞くところによれば、ケリは向こうっ気が非常に強いとか。脅かされて、平和主義のタマシギは退散でしたか。
田んぼでの撮影もドラマがありますね。

Re: No title

AzTakさま 双眼鏡を持って農耕地を歩いてみてください。思いもよらない鳥の世界を見ることがありますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤いカワセミ

Author:赤いカワセミ
1950年代生まれ。2015年秋、シニアスタッフを途中退職し、野鳥を追いかける日々を楽しんでいます。大阪市内在住

【使用機材】
Nikon ・D800 ・D500
    ・500mmf4E テレコン1.4 1.7
    ・ED82(フィールドスコープ) ・P900
Canon ・7DmarkⅡ
    ・600mmf4 エクステンダー1.4 2.0
SIGMA ・150-500mm

カテゴリ