記事一覧

シンガポールの野鳥 キタカザリサイチョウ

キタカザリサイチョウ(近すぎて全身が入らず。赤い実を食べていました。スンガイブロウ公園で)
キタカササギサイチョウ0643

(つがいです。♂♀の判別は分かりません。シンガポール植物園で)
キタカザリサイチョウ0941

(巣がある大樹に飛び移る 同 )
キタカザリサイチョウ0954

(大樹のコブのようなところに巣を作ってます 同)
キタカザリサイチョウと巣0029



スポンサーサイト

コメント

No title

動物園にいる鳥さんかと思いきや、植物園にいる鳥さんですか。ということは、たまたまそこにいついたというだけの野生の鳥さんでしょうかね。
見事なくちばし。相当硬いものでも噛み砕くことができそうに見えますね。

Re: No title

AzTakさま 散策路わきの樹林で、赤い実を大きなくちばしで起用にちぎって食べてました。人に対する警戒心はなく、無心でほおばっていました。鳥は全部野生で、餌を与えるようなことはないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤いカワセミ

Author:赤いカワセミ
1950年代生まれ。2015年秋、シニアスタッフを途中退職し、野鳥を追いかける日々を楽しんでいます。大阪市内在住

【使用機材】
Nikon ・D800 ・D500
    ・500mmf4E テレコン1.4 1.7
    ・ED82(フィールドスコープ) ・P900
Canon ・7DmarkⅡ
    ・600mmf4 エクステンダー1.4 2.0
SIGMA ・150-500mm

カテゴリ