FC2ブログ

記事一覧

金門島の野鳥 初日

金門島に着いたのは午後2時半ごろだったかな? その後、日没までの数時間で、淡路島の約4分の1ほどの島内をレンタカーで走り、撮影ポイント等を案内してもらった。野鳥はどこにでもいる鳥を撮影し、特に探すことはしなかった。
ベニバト(ハトはこの種とカノコバトが多かった)
14日ベニバト0145
ジョウビタキ♂(日本の鳥と比較して胸の赤橙色が鮮やかに見えた)
14日ジョウビタキ♂0178
ジョウビタキ♀(日本のものと比べて胸のグレーが濃いように見えた)
14日ジョウビタキ♀0094
ヤツガシラ
14日ヤツガシラ0278
シベリアアオジ?(当地にはアオジはいないらしく、黄色味はなかった)
14日シベリアアオジ0365



スポンサーサイト



コメント

No title

特に探さずとも、こんなにいましたか。う~~ん。
最初と最後とを除けば、日本にも飛来する鳥さんでしょうが、日本では、探すまでもなく居る鳥さんは言い難いでしょう。特にヤツガシラなどは。
みな至近距離での撮影のようですね。土地柄なのか、警戒感が少しゆるいのでしょうか?シベリアアオジなどはお尻の穴まで見えているくらいです。

Re: No title

AzTakさま 初日と2日目は撮影ポイントで軽く撮影する程度でした。狙い物の鳥は、100m手前から見つけないと、逃げられてしまいます。日本では割と身近なカモでさえ、すぐに逃げます。人間が鳥を見つけるか、鳥が先に人間を見つけるかの競争になります。金門の鳥は手強かったです。ベニバトとかハッカチョウは、日本のカラスやムクドリと同じようにそこら中にいますが、それでもちょっと遠めでした。ちなみに真っ黒いカラスは金門島にはいないそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤いカワセミ

Author:赤いカワセミ
1950年代生まれ。2015年秋、シニアスタッフを途中退職し、野鳥を追いかける日々を楽しんでいます。大阪市内在住
インスタグラムID=kawasemi2242

【使用機材】
Nikon ・D800 ・D500
    ・500mmf4E テレコン1.4 1.7
    ・P900 A900
    ・ED82(フィールドスコープ)

Canon ・7DmarkⅡ
    ・600mmf4 エクステンダー1.4 2.0
TAMRON ・150-600mm

カテゴリ