記事一覧

生駒山ろくをぶらり

高倍率コンパクトデジカメを持って2時間ほど生駒山麓をブラリ。初めての道だが、最初に出迎えてくれたのはソウシチョウの集団。落ち着きのない騒がしい鳴き声が響いた。しばらく行くとトラツグミが枯れ葉をかき分けながら採餌中。横を通っても逃げないので、しばらく観察。急坂の階段を行った先で休憩。頭上でアカゲラが木をつついていた。早速撮ろうとしたが、手前の木が邪魔をしてうまくピントが合わない。MFに切り替えて、と思ったが、切り替え方が分からない。ダイヤルやスイッチを触ってみたが、分からない。大事な時に・・・・結局あきらめ、双眼鏡で見ただけ。展望台から大阪市内を見下ろし、我が家の方向を見た。駅まで続く下り坂を降りた。この散策路はきついなあ。普段使っている超望遠レンズを持ってこなくてよかったと思う。
ソウシチョウ2780

トラツグミ2750

スポンサーサイト

コメント

No title

トラツグミとソウシチョウですか。きれいに撮れていますね。これだったら、遜色ないレベルのように見えます。

Re: No title

AzTakさま こんにちは。値段の違いは画質の違い、とよく言われます。一眼レフに比べ、コンデジでは大胆なトリミングもできません。ネットに掲載する分には耐えられますが、プリントすれば一目瞭然です。コンデジはあくまで予備機の予備ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤いカワセミ

Author:赤いカワセミ
1950年代生まれ。2015年秋、シニアスタッフを途中退職し、野鳥を追いかける日々を楽しんでいます。大阪市内在住

【使用機材】
Nikon ・D800 ・D500
    ・500mmf4E テレコン1.4 1.7
    ・ED82(フィールドスコープ) ・P900
Canon ・7DmarkⅡ
    ・600mmf4 エクステンダー1.4 2.0
SIGMA ・150-500mm

カテゴリ