FC2ブログ

記事一覧

勝負は夕刻からだった

午前8時半、久しぶりにヤマセミポイントへ。CMは10人以上。しかしヤマセミの姿無し。昼食に持参の巻き寿司をほおばり、野鳥の姿さえない川を眺めながらその時を待つ。待機時間が6時間を過ぎたころ、レンズフードを畳み、周りに引き揚げの挨拶をしていると「キャラッ キャラッ」という声。全員が声のする方に走った。ヤマセミは橋の下を潜り抜け、少し離れた枯れ木に止まった。その後は近くの木に移動したり、水面に突き出た杭から10回ほど水浴びをした。約1時間撮りっぱなし。ヤマセミの”撮影会”はまだ続いていたが、後ろ髪をひかれる思いで引き揚げた。D500+500mmf4(時々1.7倍テレコン使用)
ヤマセミ0940

ヤマセミ0752

ヤマセミ0293
スポンサーサイト



コメント

No title

外しませんでしたね。長時間、待った甲斐がありました。
坊主ですごすご帰るのと、見事なショットをものにできたのとでは、大違いです。この装備だと、さして遠くではない距離になりましたか?

いいの撮れてますやん

待ったかいがありましたね!

Re: No title

帰るつもりで片づけをしてましたから、嬉しい限りです。しかし待つ時間はしんどかったです。

Re: いいの撮れてますやん

あなたのアドバイスに従いました。ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤いカワセミ

Author:赤いカワセミ
1950年代生まれ。2015年秋、シニアスタッフを途中退職し、野鳥を追いかける日々を楽しんでいます。大阪市内在住
インスタグラムID=kawasemi2242

【使用機材】
Nikon ・D800 ・D500
    ・500mmf4E テレコン1.4 1.7
    ・P900 A900
    ・ED82(フィールドスコープ)

Canon ・7DmarkⅡ
    ・600mmf4 エクステンダー1.4 2.0
TAMRON ・150-600mm

カテゴリ