FC2ブログ

記事一覧

生駒山ろくをぶらり

高倍率コンパクトデジカメを持って2時間ほど生駒山麓をブラリ。初めての道だが、最初に出迎えてくれたのはソウシチョウの集団。落ち着きのない騒がしい鳴き声が響いた。しばらく行くとトラツグミが枯れ葉をかき分けながら採餌中。横を通っても逃げないので、しばらく観察。急坂の階段を行った先で休憩。頭上でアカゲラが木をつついていた。早速撮ろうとしたが、手前の木が邪魔をしてうまくピントが合わない。MFに切り替えて、と思...

続きを読む

オガワコマドリ

数年来気になりながら撮影のチャンスを逃していたこの鳥。昨年11月から長期滞在しているという話を聞き、すぐに駆け付けた。街中を流れる川の水辺で、昆虫の幼虫のようなものを食べていた。いい具合に出てくれるのだが、レンズを下に向けて写すしかないので、ワンパターンの構図。発見当初は大勢のカメラマンが駆けつけ、三脚の使用は禁止されていた。今日は10人前後だったので使ったが、鳥があっちこっち動き回るので途中から手持...

続きを読む

大泉のトラツグミ

雑用を片付けてから大泉へ。水流区→カラアカハラ→頭泉池と回り、ちょっと気になっていたトラツグミのいる場所へ。今年に入って何回か来ているが、あえたためしがなかった。今日は体を振るわせ枯れ葉に潜む昆虫を追い出していた。しかも近い! トラツグミだけで時間を費やしてしまったので、その後は軽く流して早々と帰宅。D500+500mmf4×1.7倍テレコン使用...

続きを読む

ビロードキンクロ♀

海ガモです。ビロードキンクロといえば全身が黒くて目の下に三日月形の白斑があるオスを思い浮かべますが、残念ながらメスでした。今朝は3羽いたそうですが、1羽見当たりません。2羽は飛ぶ時も潜る時も常に行動を共にしていました。冷たい風を受けながら4時間粘りましたが、全く近寄ってくれず、思うようにいきませんでした。D500+500mmf4×1.7倍テレコン使用...

続きを読む

今日の鳥撮りは空振り

今日もコミミズクのいる河川敷に行ってきました。天気予報から、小雪舞う中にたたずむコミミズクを想定したのですが、雪は降らず、コミミズクは一羽も姿を見せませんでした。なので、今日も在庫からです。ルリビタキ...

続きを読む

今日も在庫から(18日撮影分)

天候不順や雑用などで外出できませんでした。コミミズク...

続きを読む

18日のコミミズクの続き

今日は鳥撮り休みのため、18日の在庫から。21日(土)も休みます。...

続きを読む

テスト撮り(ルリビタキ)

機材のV2をJ5に買い替えし、ED82のスコープに接続して試し撮りしてみました。結果は思ったほどよくありません。もっとシャープに写ると思ったのですが、モヤがかかったようにモワッとなりました。画像修整でここまで見れるようになりましたが、細かい描写は出ません。レリーズも使わなかったので、ブレかもしれませんが。これでは予備機として海外に持って行けません。照準器も取り付けていないので、コツコツ整えます。AF撮影に慣...

続きを読む

コミミズク(水無瀬以外で)

久しぶりのコミミズク。いつもなら水無瀬に行くのだが、午前中ハヤブサポイントへ行ったとき、水無瀬よりいいところがあると教えていただき、そこへ向かった。なるほど、撮影場所は水無瀬は土手の中段だが、ここはグランドレベル、コミミズクは目の前の木に止まった。水無瀬より距離が近い。数は変わらないが、飛ぶ回数が多いように思う。ここ、いいねえ!!教えていただいた高槻のバーダーさん、ありがとうございました。 今回は...

続きを読む

大阪城公園で(ウミアイサ&ニジオジロビタキ)

大阪城公園で初めて記録したウミアイサを見て来た。今日も冷たい風が時々強く吹くなか、大阪城天守閣をバックにとは行かず、ごく普通の撮り方になった。ウミアイサ自体は特に珍しいものではないので、テキトーにとってニシオジロビタキが待っている場所へ移動。カメラマン不在の中、オジロ君だけが枝に止まって迎えてくれた。撮っていると、段々近づいてくる。まるで餌をねだるかのよう。ピントが合わなくなり後ずさり。寒いので、...

続きを読む

プロフィール

赤いカワセミ

Author:赤いカワセミ
1950年代生まれ。2015年秋、シニアスタッフを途中退職し、野鳥を追いかける日々を楽しんでいます。大阪市内在住
インスタグラムID=kawasemi2242

【使用機材】
Nikon ・D800 ・D500
    ・500mmf4E テレコン1.4 1.7
    ・P900 A900
    ・ED82(フィールドスコープ)

Canon ・7DmarkⅡ
    ・600mmf4 エクステンダー1.4 2.0
TAMRON ・150-600mm

カテゴリ