記事一覧

今日の野鳥

コマドリを撮りたくて大泉緑地へ行ったが、不在。その代りアオバトが木のてっぺんに。樹間を飛んでいる野鳥を撮ったらオオルリ♀だった。水流区に移動すると、シロハラがひょっこり現れた。普段は撮らないが、今日は鳥日照りなので撮った。アオサギも暇そうにしていたので、暇つぶしに撮ってみた。今日はさっぱりの一日だった。...

続きを読む

シンガポールの野鳥(完) ハッカ類など3種

まだ少し残っていますが、今回で「シンガポールの野鳥」を終ります。今回、撮り残した野鳥がいますので、来年以降の宿題になります。カバイロハッカオオハッカヒメコノハドリセアカハナドリ...

続きを読む

シンガポールの野鳥 2種

カザリオウチュウ(尾から長く伸びた2本の飾り羽が特徴です)ルリノドハチクイ...

続きを読む

格安ジンバル雲台、購入しました

Amazonnで8699円の格安ジンバルがあったので、購入しました。後でネットでの評判を見ると、ずいぶん評価は低そうです。皆さん、一度分解して修理・加工されています。三脚にセットしてカメラを付けてみました。ガタがあったり回転がぎくしゃくしたりすることもないので、このまま使ってみようと思います。なにせ本物の1/10程度の値段ですから、何かあってもおかしくありません。その時はその時です。だた、いま使っているマン...

続きを読む

シンガポールの野鳥 3種

オナガサイホウチョウ(葉っぱ同士をクモの糸で結び巣を作るという「裁縫鳥」の1種です)コアオバト(とてもきれいなハト類ですが、写真では表現出来ていません。実物のほうが良いと思います)シロボシオオゴシキドリ(何かとまってるなあ、という程度でシャッターを押しました。ゴシキドリなら綺麗ですが、これは・・・・)...

続きを読む

シンガポールの野鳥 アオショウビン

(金門島でも撮影しましたが、こちらの方が距離が近く、枝どまりの真下からでも撮影できました=4枚目。スコールで濡れた翼の手入れ中でしょうか)...

続きを読む

シンガポールの野鳥 2種

ズアカミユビゲラ(真っ赤なモヒカンスタイルのド派手なキツツキ類です)メグロヒヨドリ(日本にいるのと違って明るい色があり、好感が持てます(^◇^) )...

続きを読む

キビタキ

夏鳥で一番大好きな鳥です。ずいぶん愛想のよい個体でした。...

続きを読む

シンガポールの野鳥 キタカザリサイチョウ

キタカザリサイチョウ(近すぎて全身が入らず。赤い実を食べていました。スンガイブロウ公園で)(つがいです。♂♀の判別は分かりません。シンガポール植物園で)(巣がある大樹に飛び移る 同 )(大樹のコブのようなところに巣を作ってます 同)...

続きを読む

シンガポールの野鳥 コウライウグイス

コウライウグイス(日本に飛来すれば、カメラマンがわんさか詰めかけ大騒ぎになりますが、ここでは留鳥です。歩いていると、時々頭の上を通り過ぎていきます)(下段の鳥は若鳥のようです)...

続きを読む

プロフィール

赤いカワセミ

Author:赤いカワセミ
1950年代生まれ。2015年秋、シニアスタッフを途中退職し、野鳥を追いかける日々を楽しんでいます。大阪市内在住

【使用機材】
Nikon D800 D500
    500mmf4E テレコン1.4 1.7
    ED82(フィールドスコープ) 
Canon 7DmarkⅡ
     600mmf4 エクステンダー1.4 2.0
SIGMA 150-500mm

カテゴリ